時透無一郎の強さは!?柱になるまでの期間や功績は?【鬼滅の刃】

アニメ
 鬼滅の刃、霞柱:時透無一郎

霞の呼吸を使い鬼を倒し、その型は無一郎独自の「漆(しち)の型」を含めて七つの種類を使いこなします。
無一郎は常にぼーっとしていて人の会話にも無関心な性格です。
実は時任無一郎は記憶を失っており、そのころからこのような性格に代わってしまったのです。
そんな時透無一郎ですが、アニメ鬼滅の刃刀鍛冶の里編のPVが決定したことで注目を集めているキャラクターの一人となっています。
そこでこの記事では、時透無一郎の強さや功績をご紹介します!!
※以下ネタバレを含みます
こんな方におすすめの記事です
  • 時透無一郎の強さが知りたい!
  • 時透無一郎がどれほど活躍していたのか知りたい!
スポンサーリンク

時透無一郎の強さや霞柱になるまでの期間は?

結論からお伝えすると、時透無一郎は刀を握ってから僅か2カ月で霞柱になっています

柱になるためには、短くとも2年はかかるといわれていますが無一郎はそれの約12分の1、、。

時透無一郎の圧倒的な強さが分かります。生粋の天才肌なのでしょう^^;

もちろんその実力は本物であり柱数人分の力を持つとされる上弦の鬼を一人で倒していたり、先輩である音柱:宇随天元にも認められるほどの強さです。

そんな時透無一郎ですが、いったいどんな敵と戦い活躍してきたのでしょうか?

スポンサーリンク

時透無一郎の功績は?

次に時透無一郎の功績について詳しく見ていきたいと思います♪

刀鍛冶の里編

この編では無一郎が上弦の鬼の玉壺戦います。

始め、切れ味の悪い刀で勝負に挑んだ結果水獄壺に閉じ込められてしまいます。

何とか脱出を試みますが、失敗。

死を覚悟した無一郎でしたがそこを小鉄が命がけで救出。

それをきっかけに無一郎は失われていた記憶を取り戻し、身体能力が大幅に上昇するを発現し、玉壺一人で討伐します

無限城編

この編では上弦の壱・黒死牟と戦いますが、この戦いで死亡してしまいます。

始めは、無限城を悲鳴嶼とともに行動していましたが、逸れてしまい一人で黒死牟と戦うことになります。

初めて黒死牟を見た無一郎はその圧倒的な重圧に震えが止まりません。

しかし、すぐに精神を落ち着かせ立て直し、いくつも技を繰り出すのですがどれもあっさりかわされてしまいます。

そこで無一郎はまたを発現させます。

そして無一郎は玉壺を倒した技の「漆の型・朧」を繰り出します。


(引用:キメブロ)

しかしそれも黒死牟の技「月の型」によって抵抗され無一郎の左手が飛んでしまいます。

さらにそのあとの反撃で串刺しにされてしまいます。

そこに不死川などが次々に到着します。

けがの治療をして体制を立て直した無一郎は再び攻撃をしかけます。

仲間の協力もあり何とか黒死牟に刀を突き刺すことができました。

しかし黒死牟はそれで黙っているはずもなく全体攻撃を放ちます。

それをまともに喰らってしまった無一郎は体が真っ二つになってしまいます。

そんな攻撃を喰らってしまったのにもかかわらず無一郎は最後の力を振り絞り刀を赫刀化させ、致命傷を与えます。

これを機に悲鳴嶼が黒死牟の首を切り落とし勝利します。

スポンサーリンク

まとめ

時透無一郎の強さは!?柱になるまでの期間や功績は??について取り上げていきました。

いかがだったでしょうか?

まだ14歳にしてこれだけの活躍…強すぎますね。(笑)

アニメでの戦闘描写を早く見てみたいですね!!

▼内容まとめ▼

  • 柱になるまでの期間はたったの2カ月
  • 上弦の鬼・玉壺を一人で討伐、上弦の壱である黒死牟に致命傷

コメント

タイトルとURLをコピーしました